2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀♪@Tpです。

12日(日)は、金管のセクション練習でした。

♪St.Anthony Variations
♪Rhapsody in Blue
♪こうもり序曲

の練習をしました。
以前は、非力ながら私が仕切ってやっていましたが、
今は、技術委員も降りたので、お任せして静観しつつ
たまに意見を言ったりしながら、やりました。
が、なかなか進行が難しいですね。
ちょっとモヤモヤ感も残ったセク練でした。

セク練が終わってから、TbのCさんと
「マルティナショナルブラスアンサンブル」の演奏会に行ってきました。
私が他でやっている『英国式ブラス』とはまた違った形態の金管バンドで、
なかなか「ご機嫌」な演奏会でした。
(Cさんは「初マルティ」でしたが、喜んでもらえた様で…ヨカッタ!)

セク練の「モヤモヤ」は一気に吹き飛んで良い一日になりました。

9月の金管セク練には、名フィルの先生が来て下さるそうで…、
かなり「期待大」デス!

セク練に参加された皆さん、お疲れ様でした!
スポンサーサイト

ノーム@cl です。

5月6日(日)芸文中リハ室でつつみ先生のコンサートがありました。
定演の前日に市吹で使用したあの部屋です。

つつみ先生がほぼ毎月ここでコンサートを開催されていて
今回はバスクラのコンサートでした。
そこに菊次先生がエスクラで現代曲を演奏されるとのことで
クラリネットメンバーで集まって(10名で)拝聴しにいってきました。

ここでのコンサートは客席がとにかく演奏者と近い。
そのために始まるまでみんなでどこに座ろうかちょっと迷いました。
結局一番前に揃って座るのもなんなので後ろの方に固まりました。

曲目は   メンデルスゾーン 無言歌 作品109
      メンデルスゾーン ソナタ第2番 ニ長調 作品58

      倉知竜也 風水第4番「黄昏の庭」
        (小クラリネット、バスクラリネットとピアノのための)

メンデルスゾーンはチェロのための作品をバスクラで演奏されました。

バスクラって今まで私は低い音域しかあまり聴いたことなかったのですが
今回はめっちゃハイトーンもあり、こんな音なんだ!と初めて知った次第です。。。
それといつ聴いてもつつみ先生の演奏ってセクシーですね~
聴いているうちに膝の上に置いた鞄が音に共鳴して震えていたのか
鞄に置いた手がビリビリしてきて・・・初めての経験でした。

そして倉知先生の曲。
セッティングの段階で譜面台が4つも出てきて客席を取り囲むように並べられました。
菊次先生が出ていらっしゃらないなーと思っていたらいきなり曲が始まって・・

客席の後ろからエスクラが聞こえてきました。
現代曲なので重音やフラッターなどの特殊奏法がてんこもりで緊張しながら聴きました。
先生方があちこちの譜面台の置かれた場所を移動しながらの演奏。
一番びっくりしたのは菊次先生が途中で客席の中に入ってこられて演奏されたこと。
市吹メンバーはみんな「こっちに来ないで~~」と一斉に思ったらしい(笑)
あと「ここで笑ったらいかん!」と思ったらしい。

私が印象に残ったのはつつみ先生のバスクラがピアノのふたを開けたところで
吹かれた時にバスクラの音に共鳴してピアノの弦も鳴っていたこと。
不思議な空間でした。

倉知先生の曲は日本初演とのことでした。

終演後はみんなで会場の片付けをお手伝いし、10Fにあるレストランでお食事会をしました。
つつみ先生の奥様(私の大学のクラの先輩でもあります)も交えてとても楽しい時間を過ごしました。

蛇足ですが、つつみ先生の衣装はおしゃれだったのに
なぜ菊次先生は上下とも真っ黒だったのか・・・
プログラムには「エスクラは鳥と天使の役割」と書いてあったのに。
それがちょっとナゾでした。。。

実は昨日、別団体のクラを聴いたのですが人生経験の差でしょうか。
やっぱり先生方の音の方がずっといい!と思いました。
これからも機会があって時間があれば行きたいと思います。

市吹ブログ始めて1年以上経過してますが、なかなかうまく更新されませんねー(;_;)

チェックするたびに更新されてないと悲しくなります(泣)

最近では練習録音は別でUPされています。

ので、以前みたいに事細かな練習の記録としてじゃなく、もっと気楽なスタンスで書いてくれたらよいと思います。

前までできなかったココができるようになったー!!

とか、

ここへ来て絶不調(+_+)

とか、

そんなノリで。


練習以外のことでもよいのです。


新しい楽器買ったよ!

とかね。


そんな感じでちゃんとつながるブログになってくれたら嬉しいです☆


こんにちは。ノーム@CLです。
3月27日(日)私の母校である愛知県立惟信高校定演に卒業生として出演しました。

前にも書いたかもしれませんが今、惟信の吹奏楽部は1,2年あわせて20人しかいません。
そのため今年度は卒業生が一部と三部にお手伝いとしてのりました。
クラリネットパートも1年1人、2年2人しかいませんので私ものりました。

が、楽譜をもらったのが本番の1ヶ月前!
技術的に大変な部分もあったため、市吹の定演後は必死でさらいました。
おかげでさらったところは本番うまくいきました。

私が吹いたのは↓です。全部のステージにのったのでずっと舞台袖待機でした

一部 喜歌劇「メリーウィドウ」セレクション  F.レハール/鈴木英史

二部 OB/OGステージ
   
   セレモニアルマーチ    坂井貴祐

   トゥーランドット    G.プッチーニ/渡辺秀之

   シンコペイティッド・クロック  L.アンダーソン
  
   ディズニーランド・セレブレーション  M.ブラウン編曲

   アンコール  ディスコ・キッドX 東海林修

三部 ジャパニーズグラフィティⅩⅡ
   (銀河鉄道999TV版~宇宙戦艦ヤマト~銀河鉄道999劇場版)  星出尚志編曲


実はディスコ・キッドで私はソロがあったのですが、アンコールで最後だからなのか
どんどんどんどん全体のテンポが速くなり・・・ちょっと失敗しちゃいました。
でも思い切って吹けたので悔いはないです。

メリーウィドウはとても美しいメロディーが印象的な曲だったし、
ジャパニーズグラフィティは私リアルにアニメを見ていた世代ですので楽しかったです。

卒業生ステージの練習は秋ぐらいから始まり合奏は7回ほどしかしていません。
今年度は30年以上ブランクがある先輩も参加され、
練習は毎回3時間の合奏(+1時間個人練)だったのでみんないつも最後の方は
「もう吹けねぇ~」とか「口がイタイ」とか言いながらも楽しく練習していました。
合奏中もいつも笑いがありました。

ピッチも毎回暖房のない部屋での合奏だったのでひどい状態でホントにヘタだったのですが
ヘタなりにみんな頑張って忙しい中、時間をやりくりして練習していました。

先輩の中に私と同じ音大に進んだObの方がいらっしゃるのですが
印象的なことをおっしゃっていました。
「大学の時ってさぁ、ビクビクして音出してなかった?
 なんか楽しく吹くことを忘れてたんだよね~」

私もそうでした。だからブランクから復帰した時は市吹での合奏もビクビクしながら吹いていました。
でも楽しく吹かなければ演奏会に来てくださるお客さんも楽しくないのではないか。。。

今は市吹での練習も楽しく吹くことができていますが、
大切なことを気づかせてくれた母校の演奏会でした。

みなさん無事ですか?
東海地方は津波の被害が心配です

報道の通り、東北地方は壊滅状態ですね…

ニュースの映像だけでも、とてつもない恐怖を感じます。


僕は今、岩手に住む姉と宮城の名取に住む友達の安否が確認出来ず、不安な時間を過ごしています。


情報の氾濫に惑わされず、落ち着いて行動しましょう

出来ることは少ないかも知れないけど、何か少しでも協力したいと思っています。


普通に生活出来ていることが
こんなに幸せなことなんだ
って考えると嬉しく思うと同時に、凄くもどかしい気持ちです。


改めて、助け合い・協力の大切さを感じました。

少しでも早く、少しでも多くの無事を祈っています。


Trb. 雪原

meishisui

Author:meishisui
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。