2010 / 08
≪ 2010 / 07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2010 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは☆ タカコ@いいんちょーです。
今週のブログ担当はPerだとつい先日ご指名がありましたので、忘れないうちに書きたいと思います(^^*)
というか皆さん最近レポートのようにすばらしい日記ばかりだったんですけど、今日はあくまでパーカス的視点での日記になってると思うので悪しからず★

さて、今日の前半メニューは①マナティリリック序曲②宝島でした。

マナティは今日は最初の方を重点的にやってましたね。
こどもたちがTpにしかいないので(しかもひとり減ってる!!)、準団員の練習というより大人の練習に子供が混ざってるようなイメージです。

春先からずっとやってきてるのでそろそろだいぶ曲もつかめてきたのかなとは思いますが、やっぱり学校の部活みたいにテスト期間以外は毎日あるとかいう状況ではないので準団員のメンバーはそういう部分ではなかなか大変だと思います。
また開始時間が早いため、大人の方でもなかなか時間に間に合わないことも多く、マナティまだやったことないって人はきっと多いでしょう。

今日は曲の冒頭から前半あたりをやってましたが、毎回というかハーモニー合わせ中心でした。
私は管楽器ではないのでイマイチよくわからないのですが音によって高くなりやすい場合とか低くなりやすいとかってのがあるんですかねー。
やはり日ごろからチューナーに頼らずに自分の耳で聞き分けられるようになるのがいいんでしょうね。
用意ができたら混ざろうと思っていたら早々に切り上げられてしまい、マナティ終了(;_;)

そのあとは宝島。。。
なかなか人数がそろわない中での合奏になったので、ちょっと元気度が足りない感じでしたねー。
子供たちはこういうラテンな曲をやるのは初めてなのでノリがつかめるといい感じに吹けるんだと思います。

かくいう自分はもう市吹では長いことポップスを演奏しないため、かれこれ7~8年ぶりくらいに本番でDrsやることになるんですがまだしばらくは楽器自体が不完全セットだったことも含めてうまく叩けん!!!
いや、単なる言い訳ですね(汗
久々にこっちノリな曲でもたくさん聴いてちょっと感覚を呼び戻さねば。。。

後半メニューは①キャンディード②木挽き歌③シンフォニックダンスの3曲。

キャンディードは後半のリズムが乱れるところ(何番だっけ・・・汗)から。
これだけ有名な曲なのでみんな知ってるはずなんだけど、いざ譜面見てみると今まで耳でしか知らなかったのとは違う情報が楽譜に書かれいたりする(ように見える)から混乱するのかなー。繰り返し練習して慣れてしまえば問題ないと思います!

次の木挽き歌は全部で4曲から成る中の4曲目、フィナーレを練習しました。
今期にとりあげている曲の中では「和」のものだしバーンスタインものに比べればずいぶん分かりやすい曲だと思います。
冒頭の16分音符・・・転ばず、走らず、なおかつ拍の頭にアクセントをいれずにベタでいきたいんですが金管と一緒に動いてるのでしばらくは頭をわかりやすくしとく方がいいのかな。
メロディの方はたいていユニゾンなのかな、縦のライン、細かいリズム等合うようになるともっときれいに聞こえるでしょうね。
ってか!
あのTimpソロを手ネジ&ハンドルでやれというのはかなり難問です!どーやっても音変え間に合わんのですって(;;)
これは・・・当日使うマトモな楽器にならないことにはどうにもできない問題か(泣

最後、シンフォニックダンスはちょうど先週中村先生の指導日でもやったまったく同じ場所を練習しました。

が!!

テンポゆっくりにするだけであんなにできなくなっちゃうんですねー。
先週かなーり時間かけてやって、ようやく最後の方にはうまくリズムが絡むようになってたのに、今日はなんだか振り出しに戻ったような感じでした(T_T)
シンフォニックダンスはいろいろやっぱり難しい部分が多い曲なのでごまかしはきかないですよー。
ひとりひとりがしっかり練習して、リズムのよくわからないとこなんかはちゃんと周りの人に聞いたりして確実に理解して演奏しないと曲として成り立たないと思います。
リズムの取り方がわからない!って人は言ってくれればお教えしますよ☆

そう。
ふと気づけば今日で定演本番まであと丸半年になったんだった。。。

残り時間少ないですよーみなさん!!
頑張っていい演奏会になるようにしましょうね♪

というわけで次のお当番はFlさんでーす('-^)b
新人さんが書いてくれるといーなぁww

スポンサーサイト

ども、新団員の佐々木です。今回はTbパートの番ということなので、練習日記
を書かせていただくことになりました。よろしくお願いします(^^ゞ


で、さっそく練習についてですが、今回は中村先生のレッスンでマナティとシン
フォニックダンス、キャンディードの合奏を行いました。

シンフォニックダンスは前回の続きで776小節目から…。のっけからTb捕ま
りました(T_T)

どうやら8分の6拍子の感じ方が甘かったようです。今度から少し早めに入るよ
うに気をつけたいと思います。キャンディードは時間がなく、今回は確認程度で
終わりました。

合奏を終えてみてですが、いま練習している曲は曲中で調や拍子がコロコロ変わ
るものが多く、奏者それぞれにも音程や拍の感じ方なんかにクセがあるので、そ
れらを合奏の時間だけで揃えていくのはなかなか難しいと思いました。社会人バ
ンドなので時間を作るのは大変ですが、機会を見つけてパー練なんかで揃えてい
けたらなと思います。



(^_^;)えっ!マナティですか?マナティは自分が合奏に参加していないため、ど
んな様子だったかわかりません。(いつも途中参加ですみません…)



追記�:合奏中に中村先生から「楽譜ばかり見ていては意識の8割(だったかな…
?)が視覚に取られてしまい、肝心の演奏の方に注意が向かなくなってしまう。一
度、暗い部屋で演奏してみると、自分が普段どんな演奏をしているのかよくわか
る」という内容の話がありました。

家に帰ってからさっそくやってみましたが…。やってみると結構ヘコみますね~
、コレ。なんだか楽器に「もっと練習しろぃ(▼▼)ノシ」と言われているような
気がしました。でも、集中力を高めるには良い練習だと思います。お試しあれ!

追記�:新団員の方の紹介がありました。社会人の方と高校生の子です。どのパー
トかは…次回練習のお楽しみということで♪
(どうせ忘れただけだろとか言わないように!!)


あと忘れるところでしたが、次回の日記はパーカッションさんの番だそうです。
よろしくお願いします。でわでわ~(^^)ノシ

本日の練習もお疲れ様でした!
100@らっぱ。です。

先週一週間、練習日記がとんでしまいましたが・・・。
気を取り直して!


今週の準団員との練習は、『宝島』から。
ポップスでは、定番ですよね!
普段ポップスとは縁遠い名古屋市吹でも、何回か演奏しています。

ポップスなので、バッキングとか、カチッとはめれるようにしたいです。



後半は、
1、キャンディード
2、ジャスパー
3、シンフォニックダンス
の3本立てを駆け足でした。

1、キャンディード
まず、テンポ指定がパート譜とスコアと違うとのことでした。
スコアでは、アタマからが二分音符=132
231小節めから二分音符=152

ちょっと余裕が出たっと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2、ジャスパー
アタマから C までを練習しました。
リズムのパートは、2、4拍めの8分音符で遅れるとのことでした。
メロディー、ハモりの人だちはこのリズムのなかで、きっちりとあわせて吹きましょう。

つつみ先生いわく、
この曲は、タテがしっかり合うととてもハーモニーがキレイになるように書いてある!
とのことなので、皆さん、タテを合わせられるようにがんばりましょう

個人的には、こういう吹奏楽
っていう響きの曲は大変好みなので、まとまるのが楽しみです。


3、シンフォニックダンス
730小節めから。
予定の812小節までいかなかったので、次々週に持ち越しです!


譜面もアンコール以外全部揃いましたし、練習しないと!ですね。

来週は、中村先生のレッスン&新入団員歓迎会です!
皆さん1週間イメトレとおいしいビールのために体調管理を万全に!!!!

では、来週はお隣トロンボーンさんお願いします。




こんばんわ。
サックスパートの三十路パーリーです。

今回の練習は、水野先生に指導して頂きました。

練習した曲は、
・マナティーリリック序曲
・キャンディード
・ウエストサイド・セレクション
でした。

全体としては、
ざっくり通し、一人一人の課題を見つける
という感じでした。

マナティーリリック序曲では、表現記号について
説明を頂き、ひとつひとつを自分で調べる事の
重要性について、教えて頂きました。
今後、ただフレーズを吹くだけでなく、
より表現力のある演奏ができたらなーと思います。

チャンディードは、まだ譜読み段階でした。
その中でも、ご指導頂いた部分としては、
・冒頭部分の歯切れよさ、8分音符が遅くならないこと。
・255小節~8分音符のメロディーはいろいろな
 パートが入れ替わっているため、受け渡しを意識すること。
・284小節~8分音符の早い動きは、フィンガリング
 とタンギングが合う様に練習しておくこと。
でした。

ウェストサイドは、練習番号①の4小節目からのメロディでは、
アクセントがありますが、ここは歌いこむイメージで
という事を教わりました。

まだまだ課題が山積していますが、
素敵な音が出せるよう頑張りましょう!

おまけ:妻が初めて練習に参加し、ごきげんでした(^^♪

meishisui

Author:meishisui
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。