2010 / 09
≪ 2010 / 08 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2010 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんわ。MA@ぼゑです。
Wリードは団員を爆募しているのですが、人員不足でSAXパートにお世話になっております。
なため、今回、担当です。(いつも遅くてすみません)

つつみ先生のご指導でした。
青少年と一緒に♪宝島
(遅刻のためあまり練習に参加できませんでした。)
つづいて、
シンフォニックダンス(おしりの方から)
これは個々の練習をするようにご指示いただきました。
2分くらいの短い時間を頂き、その箇所をぐっと詰め込んでその場で個人練習。
この曲はテンポも速く、指回しも難しい(木管中心でごめんなさい)そして臨時記号も多い。
ゆっくりのテンポで演奏して少しずつ早くしていく。
このパターンでの練習でした。
また、高音、低音パートが少しづつフレーズがずれて構成されています。
他のパートがどんな動きで、どこに自分がフレーズを当てるか。課題でした。

私自身、指がなかなかついていかなくまだ、相当の練習が必要です。音も高いし・・・
曲調ももっと覚えこまないとダメだなと思いました。
休符をうまく表現して合わせて行きたいです。
まだ、Somewhere と Finalをさらっていないので予習も必要です。

ううう・・・やることばかりで、辛くなってきた。(>.<)

<連絡事項>
つつみ先生のコンサート情報
合宿の案内
遠足その2の案内
アンサンブルコンサートの曲順発表


スポンサーサイト

こんばんは。らっぱ@もみです。
今日は熱田文化小劇場練習室でラッパのパート練習を実施しました。
今回は、同じ並びのトロンボーンさんとチューバさんもお誘いし一緒に練習をしました。

まずは朝から基礎連!スケールにたっぷり時間をかけて・・・(へとへと)

次にウェストサイドストーリーセレクション。
そしてジャスパーと風紋。

今回の練習はとにかく、楽譜に忠実に、スタッカートとアクセントを確実に吹き分ける。
すべての記号に注意する。・・・当然のことなんですけど、なかなか難しい(^^ゞ

金管らしい音づくりに頑張った一日でした!

偶然、ホールに別のお仕事で中村先生がいらしてビックリ!なんて事もあり、楽しい一日でした。

まだまだ、練習が足りないので頑張ろう♪

こんにちは。ホルンなみです。
遅くなりましたがご指名をいただきましたので練習日記書かせていただきます。

私は仕事の都合で会場に到着したのが7時すぎ…。
到着したときには準団員の方と宝島を練習していましたが、私は団員のみの練習からの参加になりました。17日は中村先生指揮で、ジャスパー、風紋、木挽歌を練習しました。

ジャスパーはホルンのメロディ(でいいんですよね?笑)で始まります。少し遅れ気味になるので気をつけるようにとのことでした。Bからはホルンとトロンボーンで交互に細かいリズムのきざみ?(なんていったらいいのかな~泣)がありますが、アクセントをもっとしっかりとと言われました。
この曲、私個人的にはとても好きです。まだまだ楽譜にかじりついているのでもっと指揮をみてritなど、表情をつけられるといいなと思います。

続いては風紋。
他団体の演奏会でよく聞いたことがある曲でしたが、うーん難しい。
リズムをきちんとそろえることがこの曲で大切なことだと先生はおっしゃってましたが、その通りだなと思いました。
また最初のしずかな部分は風が吹いて砂がさぁーっと広がるイメージと聞いたことがあります。今はびびって音出してしまってますがそんなイメージを描いて吹けるようにしたいなと思いました。

そして、木挽歌。
最初の入り方がわからず、何度かすみませんでした(泣)


どの曲も私はまだ練習不足で、曲のイメージもつかめていなくて楽譜を追っているだけになってしまってるので、背景を思い浮かべて音の強弱、スピードなどなど吹けるようになりたいなぁと思いました。



なんだか個人的なことばっかり書いてしまいました。


次はSaxさん、お願いします♪

MA@ぼゑ。(ボヱは一人しかいませんが・・・)です。
かなり遅くなりましたが、日誌です。

私は遅刻してしまいましたが、ゲーム開始前に選手が野球っ子たちとキャッチボールをしてコミュニケーションをしていたようです。
さて、名古屋初上陸の女子プロ野球!!
応援するは、京都アストドリーム!!パープルのユニフォーム
打席の選手をブラスで応援!!!
手書きのドレミ(inB♭)の楽譜で演奏。耳のトレーニング?ビールとお弁当片手に☆
その甲斐あって4-2で勝利!兵庫スイングスマイリーズに勝利!

楽しい時間でした。

こんばんは。ノーム@CLです。
今日は娘の学祭に行ってきました。
とっても暑かったので疲れてます。。。

では昨日の練習の様子をば報告いたします。
昨日の練習曲目はマナティー、風紋、ジャスパー、宝島でした。

水野先生のご指導でしたので
「マナティー」は準団員に対してが中心となりました。
準団員の方々はブレスがまだ浅いとのことで
ブレスのとり方を指導されました。

私もレッスンに通い始めた頃、
ブレスに関しては事細かく言われました。
初心者だと最初はどうしても息を深く吸うことが難しいです。
イスの座り方も3分の1程度のところに腰掛けるとか
吹き始めの強弱によって息の吸い方が違ってくるとか・・・
私も今回の定演の曲は休みが少ない曲もあるので
どのようにブレスをとるのか、またどれくらいの息で吹いたらいいのか
研究しようと思いました。

次は「風紋」

やっぱりこの曲はリズムをどれだけ(メロディーに流されずに)
正確にきざめるかどうかがカギとなってきます。
とても美しい曲なので長い音符の時には気持ちよくなってしまいますが
リズムをしっかり聞きつつ、あわせていけるといいですね。

大学の時にこの曲の作曲者である保科先生の曲ばかりを集めた演奏会に出演したことがあり
指揮も保科先生でしたが印象として覚えているのは紳士
とっても優しいおじさまでした。

「ジャスパー」は発見がありました。
Cから2ndクラ単独でメロディーがあるっ
しかもそこは2ndの中でもdiv.になっているので
実質はEsクラと一緒だとしても吹くのは4人。これはおいしいっ
いつもハモりか1stのオクターブ下が多い2ndですが頑張ります。
ちなみにTpも2ndにおいしい部分があるそうです。一緒に目立ちましょうねっ

宝島は時間の関係上、一回通して終わりでしたが
Saxのソロといい、金管もかっこいいですね
吹いていて楽しいです。

次週は中村先生のご指導でいよいよ和物三曲!
ジャスパーで活躍するホルンパートさんに
練習日記お願いします



こんばんわ、たま@FLです。

練習後のパート内新歓の場でリーダーさまにご指名受けたので、練習日記書いておきます。

少し遅れて参加でしたので、軽く音だししてチューナーでそこそこ合わせて合奏へ。
(電車で寝てました。。。)

最初はマナティー。
冒頭~21小節目までは主に金管。FLで関係するのは19小節目の16分音符をそろえること。
次に、25小節目からの主旋律。FLとCl1stで吹くのですが、特にFLの音量が足らない。
中音域はなかなか音量を上げづらいので、吸う息の量を増やすこと以外にも芯に当てる練習等も必要かなあと感じました。
また、指摘は今のところ受けていませんが、気になるところとしてもう一点。
81小節目のCのロングトーンは比較的揃うのですが、98小節目の同じCのロングトーンがしばしば合わない。
→違いはフォルテとピアノの差なのかなと思いますが、目立つので何とか揃えたいところ。
 (チューニング大体フォルテで吹いてますよね)

次に、宝島。
主にD.S.から戻ってコーダまでの練習。
コーダの全音符*3小節は、フィナーレに向かって盛り上げていくように、順にボリュームを上げていくこと。
最後の小説の一拍目をきっちり揃えて演奏を締めること。
このあたりが主でした。
個人的な課題としては、
Bの2小節目などのB→Hの動きが、普段使いやすいBの替え指に慣れてしまっていて親指がうまく動かない、、、
コーダ最後から2小節目のE→F#トリルの運指が分からない(スミマセン...)。
などなど。

休憩を挟んで大人の部。
一曲目は、シンフォニックダンスの776小節目から最後まで。
まずは、776~812までを練習。
792の下り坂に入るタイミングがFLだけ他のパートより1拍分遅いことと、そのやや長い8分の下り坂を795まで全部音吹いて安心していると796に入りそこなうこと、797で一度途切れて安心していると798が遅れるなど、トラップがいっぱいです。練習中も798につまづいてしまいました。。。
また、801からは、低音の動きに対して木管の入り方が802と804で異なるため、少々注意が必要。
ちなみに、810のフェルマータはスコアには3倍!と書いてあるそうです。
続いて812~フィナーレへ。
♭が5つになったりといきなり読みづらい譜面になり、曲も一気にゆっくりに。
注意点は、831のB→G#をスラーで吹くこと。メゾ・ピアノなので音量も小さく、外さないよう要練習です。
また、ppp(ピアノ*3)内に高音の吹きづらい音が多く、最後のF#のロングトーンは音合わせる前に、確実に音を出せるようにしておきたいところです。

長くなりましたが、ラストのキャンディード。
83からでしたがFLはなが~~~いお休みです。つつみ先生曰く「美人のお嬢様が軽やかに歌ってる」ような演奏を拝聴。
106の『ちょっとシリアスになる場面』から、FL参戦。106の連符をちゃんと揃えれば吹きやすい音域のはずなのですが、116の臨時記号だけお忘れなく。83からの2小節→3拍の1小節の動きは、曲の各部に出てくるので83の吹き方を忘れないように再現すること。
また、206から231までの大きな動き方を考え、特に206からの演奏は、お客さんが聞こえるか聞こえないかくらいの音量で『こっそり』を表現することなどがありました。
個人的な練習課題としては、主に下記2点。
一つ目は、普段吹く曲ではあまり指示されないHi-C。かろうじて音が出ますがピッチが極めて高くなってしまいます。もう一つは55などにあるF→E♭の運指。何かアドバイスあればお願いします。

そういえば、定期演奏会のチケット配布されましたね。(余り人脈ないけど)がんばって配ろう&練習がんばろう。

次週は、Clさんでお願いします。

長文となりましたがこの辺にて。
遅くなったので寝ます(今3:00AM)。おやすみなさいませ。

meishisui

Author:meishisui
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。