2011 / 04
≪ 2011 / 03 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2011 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーム@技術委員です。
先日の中村先生のご指導された内容を書きます。

最初に先生がツイッターでつぶやかれたこと。

「1812を久しぶりに振りました。吹奏楽版でしたが、中々よいアレンジでした。
ただ、チェロバスの息遣い、ヴァイオリンヴィオラの16分音符のスピード感、
ボウイングの流れなど、この辺りを絶妙に表現したいが、中々ハードルが高い。
フレーズに句読点を付けることから今日は始めました。」

<前にもここに書きましたが指示は小節番号でされるので楽譜に小節番号を書いておいてください。>




合奏が始まる前に1812ができた経緯

チャイコフスキーが突然作曲を依頼されて期日までに時間がなく思いのままに書きなぐった曲。
作曲家というのはせっぱつまると名曲が生まれる。


冒頭は3つ振りです。(振り始めたところが1小節目)
96小節目~(特にクラリネット注意!)3拍めから振り始めます。1,2拍めは振りません。


冒頭は「歌」です。ロシア聖教の聖歌です。句読点が全くないのでそれをつけましょう。

<切れる場所>
・2小節目 2拍目と3拍目の間 しっかり紙一枚、はさまるようにしてください。
・4小節目と5小節目の間
・6小節目 1拍目と2拍目の間
・8小節目 2拍目と3拍目の間
・9小節目(ここがしびれるところ) 2拍目と3拍目の間
・13小節目と14小節目の間
・16小節目 2拍目と3拍目の間
・17小節目 2拍目と3拍目の間

・21小節目の3拍目から22小節目の1拍目はちょっとためてもらえると美しい。

冒頭は一拍目から振り始めます。「出」を揃えましょう。
10小節目から12小節目にかけて同じ音が続きますが絶対にここはゆっくりしてはいけません。
7小節目がフォルテになっているので6小節目のクレッシェンドを効かせて下さい。
6小節目 4分音符を2回テヌートするように
8小節目 3拍目ですぐ!音量を落としてください。落としたら9小節目の3拍目でピアノにしてください。
なぜそうするかというと10小節目からは止まらないで先に行く感じになるので
音量を落とすことによってクレッシェンドをワイドにするためです。

この部分は言葉になるようにもう少し何か自分なりに想像して・・・美しいメロディーに仕上げましょう。
(吹き始める前に)しっかりブレスして!

2小節目の4分音符の音の長さを正確に。「4分音符の中にも8分音符が生きていて」

21小節目~22小節目に入る時は必ず指揮を見てください。
21小節目の3拍目の4分音符にテヌートとクレッシェンドを書いておいてください。

20小節目はフォルティシモでもっと鳴るはず(結構サックス、人数いました

14小節目のメゾフォルテをmeno メゾフォルテにして(メゾフォルテより音量落とす)
ちょっと遠慮ぎみに吹いてもらえますか。16小節目の3拍目もピアノにしてください。
フレーズの途中で切るんだけれども出遅れないようにしましょう。

23小節目から入ってくる人 ここはフレーズの新しい始まりではなくてその前から続いているものなので
あまり待ちすぎないように、スッと入りましょう。

26小節目の頭の4分音符はタイなので適当に切らないように
サックスの8分音符が入ってきたら切るぐらいで

「このバンドは待ってから出ようとするクセがあるので『ココ』と思ったらスッと出ないといけない」

32~33小節目でクレッシェンドが広がりを見せるように
32小節目と33小節目は2分音符ごとにちゃんとセパレート(切る)してください。

34小節目で拍の頭を決めたら35小節目をスルーしがちですが
アンサンブルをするのは34でなく35なので、35の縦の線をあわせるように工夫してください。

原曲には34小節目のようなスラーはありません。
(ここは以前つつみ先生からも『スラーを取れ』と言われましたので今後スラーがなくなるかもしれません)

36小節目~ 16分音符のきざみは短く!音符と音符の間に休符が入っているよう聞こえるように。35小節目も同様に。

ここからはビートを心の中に常に感じて。きざみは常に短く!モルトスタッカートだと思って。

38小節目から3連符で始まる形の人
オケのチェロバスの人がどんな風に弾いているから間近で見せてあげたい!
もっと迫ってくるような感じで。
最初の休符あけの3連符2つに緊張感を。(はっきり出る)
39小節目のタッカのリズムは2拍目にもっと寄せて、引っ掛けていい。

48小節目からの1stクラ 装飾音符はかなり詰めて、短く

36小節目から始まるクラリネットのきざみは人数が多すぎるので
各パート二人のみで!交代しながら吹く


54小節~ ポコストリンジェンド テンポ前に行きます
      16分音符が重いのでテンポが前に行かない。16分をもっと詰める。
      タッカのリズムの付点8分音符を抜きすぎない。

59小節2拍目から付点4分音符で始まる形の人
早くなっていく人と一つ一つの音を大事に吹く人と2種類いるんですが
インテンポでなおかつペザンテ1コ1コを少し重めに、
少しマルカートとペザンテのあいのこのような感じで1コ1コ大事に。

トランペット1st,2nd 60小節目からかなり強く入ってきてください。
コルネット1stは一番音量が分厚く出ているところなのでもっと張りのある音で。
どんどんキャラクターが硬くなっていくイメージで。

74小節目の8分音符はスタッカートで短くしてください。
71小節目の4分音符2つは奥行きのある音でしっかり伸ばしてください。


78小節目 もっと遠くの方から攻めてくる・・・軽快な音楽に聞こえるかもしれないけれど
      当時のロシア人にとっては脅威そのものだったんですよ。
      音はもっと短く。音量は要らないです。

82小節目のアウフタクトから始まる形の人 リズム正確に
93小節4拍目は長い音と32分音符を分ける(切る) 


111小節目アウフタクトの8分音符からスタッカートでなく全ての音をテヌートで長めに

しかしテヌートにするとどうしても重くなっていってしまうのでテンポ通りにいくように


「ゆっくりやります」っていっても皆さんが思うより全然速いでしょ?
それ、わざとなんです。皆さんができるゆっくりでやっちゃうとあんまり練習になんない。
合奏ってちょっと焦るじゃない?
そのちょっと焦る中でしっかり吹くっていうのが本番に向けてものすごく大事なことだと思うので。


157~  一瞬たりとも遅れないように(8分音符の動き)
      あとから入ってくる人もダイレクトでそのタイミングで入ってこれるように
      (159のホルンとか160のトロンボーン、157のオーボエ、クラ1st)

スケールの形はどこが長音程でどこが短音程なのかということを把握しておくだけでかなりラクです。
自分は長調で下がってきているのか短調で下がってきているのか法則がありますので
そういうところを見抜いてください。指で覚えない。音符で覚えてください。

163~  ベルトーン しっかり出る!

165~  2つ振り

206 4拍目はリタルダンドしない、そのままのテンポで
207~ 4つ振り

207~ クラリネットの伴奏は1小節ごとにディミヌエンド

224~ テンポあげます

(ここから最後まで通しました)


大太鼓は本番は4スミに配置したい。なおかつ絶対に叩く場所を間違えない。


357~  スラーが切れたところからは長めに音を吹く


とにかくいろんな演奏を聴いてください。
ぐっと残る演奏を皆さんで探してみてください。
 



最後の方は疲れてきちゃって誤字脱字などありましたら申しわけありません。。。
とにかく1812は大学4年の定演でやったのですが版が違っても難しいですね。
頑張りましょう
スポンサーサイト

ノーム@CLです。

昨日は、つつみ先生のご指導でした。

まずM8から「手紙」でしたが
楽譜がない人がいたため、少しやっただけで
すぐにファンティリュージョンに変更となりました。

クラリネットは今年度パート変更をしています。
また最初から譜読み。。。しかも譜面をもらったばかりだったので
私は、ほとんど初見状態でした。

ディズニー関連の曲はテンポもコロコロ変わるし
クラリネットはこのファンティリュージョンは何度も同じフレーズが出てくるので
やりづらいところがあります。しんどいし。。。

が、昨年度ポップスを数曲練習していたせいか
スケールの変形したフレーズは吹けました
頭の連符ではつかまってしまいましたが・・・・
5+5+6+7の形がすぐ理解できなかったので次回までにさらっておきます。


休憩後はDeHaske版の1812。

スコアには小節番号がふってあるとのことなので
皆さん楽譜に小節番号を書きましょう。
時間のない方は一番左に書いておくだけでも合奏の時に目安になります。

コレって惟信の合奏の時にもすごく便利でした。
何よりも数えなくていいので時間の短縮になります。


CarlFisher版と若干音が違っている部分があって違和感ありました。
しかし練習後にオケのスコアで確認したところ、こっちであっているみたいです。
でも、もともと♭がついているところに臨時記号がついていると実音では一体何になるのか!?
考え込んでしまいました。他の同じフレーズを吹いているパートと確認作業が必要かもですね。



次週は総会で合奏なし。
ただ19:30までは個人練習可能なので楽器を持っていって練習しようと思います。

新年度になって見学者の方々も増えてきました。
クラリネットもすでにお一人いらっしゃっています。
今月もう一人いらっしゃるとかで(入団していただけると20人の大台!)
他のパートの皆さん、顔と名前を覚えてくださいませ
私も入団してもうすぐ1年経ちますが金管の方々のお名前がわかっておりません。
合奏中に後ろを向いて顔はほぼわかるようになったのですが機会がありましたらぜひ教えてくださいっ!
とりあえず明日のお花見には夜、顔を出す予定でおります。

タカコ@perです。

昨日チャリティー参加された方、お疲れさまでした!

さて。
今日は私がエキストラ参加させていただく名古屋緑吹奏楽団さんの演奏会のご案内をさせてくださいねー。


名古屋緑吹奏楽団
第22回定期演奏会

4月9日(土)
15時半開場、16時開演
アートピアホール
入場料:500円


1部
シンフォニックオーバーチュア
叙情的祭
組曲ガイーヌ 他

2部
カーペンターズフォーエバー
となりのトトロセレクション
私のお気に入り 他


チケットあります


ここのバンドにはパーカスのトラをお願いした田中さん、水野さんが在籍されてます。
お世話になったお返しに演奏を聴きに行ってあげていただけると嬉しいです

都合のつくかたは是非

こんばんは、Hiro@団長です!
本日は、イオンモール新瑞橋内にあるイオンホールにて、第一楽器さん主催のチャリティーコンサートに出演してきました。
今回は場所の広さの都合もあり、楽団としてではなく楽団の一部のパートでのアンサンブルでの出演となりました。
本来であれば、エレクトーンコンサートとして開催される演奏会でしたが、3月11日に東日本大震災があり、急遽チャリティーコンサートに変更となったようで、名市吹としても参加させていただきました。

今回はクラリネット四重奏、トランペット六重奏での演奏で、両パートともに2曲を演奏しました。
エントリーから本番までの期間が短かったため、どちらのパートも万全の体制での演奏にはならなかったかもしれませんが、被害に遭われた方をお見舞いする気持ち、被災地の復興を祈る気持ちを十分に持ち演奏いたしました。

今後、名市吹は楽団としてだけではなく、パート単位でも色々なところに出没したいと考えています。
団員のみなさん、是非ご協力をお願いします。
また、吹奏楽団演奏や各種アンサンブルなど、演奏できそうな機会がありましたら、是非私までご連絡ください。

meishisui

Author:meishisui
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。