2012 / 10
≪ 2012 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2012 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは!
サックスたけやすです。
今回のブログを担当させていただきます☆

「こうもり」はやっぱり難しいですね(;_;)
しかし個人的には「こうもり」は思い出のある曲なので、決まった時はとてもうれしかったです。

中村先生がお話ししてくださった三拍子のお話は、豆知識もあって勉強になりました!
「大切な二つのこと」、これも納得でしたね!!(←気になる方はお近くの団員まで♪)

ちなみに「予測」の英語は「prediction」でした(「予測する」は「predict」)!
ご参考までに...^^
スポンサーサイト

clしのです。
20時過ぎから練習に参加したので、それ以降のことになりますが。。

練習は三ジャポのⅠ・Ⅱとこうもりの途中まで。
全体的に
 ・音を正確に
 ・互いによく聞く
 ・主体性を持ってテンポをつくる
 ・『刻み』は弦楽器を吹くつもりで
 ・芸文は余韻が響く会場であることを考えて
といった話がありました。

また、三ジャポ雪の川では
『川の流れる音は(地形の急峻な)日本ならではの文化』という話もありました。
『日本の川はウチの国では滝と呼ぶ』という話を聞いたことがあります。

練習後に、先月のつつみ先生に引き続き、サプライズ企画の中村先生お誕生日祝い。
『市吹はライフワークと思っています。お互いじいさんばあさんとなるまで一緒にがんばりましょう!』とのお言葉でした。

学生時代は音楽とは無縁で、社会人になって始めた楽器ですが、ばあさんになるまで楽しめるなら、楽器を始めたのも年をとるのもいいなあ、と思ったりします。

とりあえず、定期演奏会、がんばりましょー!

更新遅くなりました;;
2nd CLの松本ひろ子です*^^*
前回書かせていただいてから
約半年!?
早いものですね♪

さて!本日は菊次先生に指揮をしていただきました^^♪
久々に"TO A NEW DAWN"

・・・。

こんなにも吹けなくなっているなんて;;
最初から復習という形で丁寧に指導していただきました。

特に16~


もっとまわりの音を聴いて
どのパートがどんなことをしているのか!
みんなで心を開いて演奏すること!!

うんうん。なるほど!と思いながら
吹いていました。

指揮なしで演奏してみて
まわりと合わせながら
きちんと聴くことが大事なんだと
実感しました^^☆

“耳の視野?を広げる”
もっともっと意識して演奏しようと思いました!!

"セイント・アンソニー"
音を出すことを怖がってはいけないと
思いました;;
個人的にもっと指がまわるようにならなければ・・と思いました。
頑張ります・・・。




今日はなんとCLに見学に来てくれたかたがいて
しかも、海外から♪
国際交流嬉しい^^♪

まとまりない文章で
申し訳ないですが
これくらいで^^☆


近藤@CL

こうもりと三つのジャポニズムをやりました。

  こうもり
16の4小節目 タイの人はTpのきざみをきく

  三つのジャポニズム
 Ⅰ.
107小節目 16分音符はあまり舌をつきすぎない

 Ⅲ.
18  16分音符の人は大きくしすぎない
    メロディのFLが聞こえるように

127の1小節前 16分音符はさらさらと

127 6連符は速くなりすぎない

134 3連符もさらさらと!

定演ももうすぐなので練習頑張りましょう!!

meishisui

Author:meishisui
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。